スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンボス加工をしてみよう!


こんばんは。今日は急に小春日和。ぽかぽか気持ちいい日でした。
「暖かくならないと私の女子力は上がらないの!」という私の言い訳が証明され・・・
久しぶりに化粧してみた日でした。。

暖かくなるとほんと気持ちいいですよね!体も動く!やる気も出る!

まだまだ寒の戻りなど油断はできませんが、春☆が楽しみです。



今日はエンボス加工について紹介したいと思います。
エンボス=凹凸のある浮き出た模様を作ることです。


まずエンボス加工に必要な道具です。
P1000190.jpg

・エンボスヒーター
American Crafts Zap Embossing Heat Gun
>>ドライヤーの熱でも代用できます。使う頻度が増えるようであれば、やはり専用があると便利です。

・エンボスインク
Ranger Distress Embossing Ink
>>こちらはエンボス専用のパッドで、透明で色は付いていません。色付きのインクでもエンボスすることはできます。※その場合はインクの色が残ります。

・エンボス用マーカー
Zig Emboss Writer Twin Tip Marker Clear

・エンボスパウダー(エンボス加工する際の必須アイテムです)
http://www.sbshop-palette.com/?mode=srh&sort=n&cid=&keyword=Embossing+Powder
http://www.sbshop-palette.com/?mode=srh&sort=n&cid=&keyword=Embossing+Enamel+



*スタンプを使ってエンボス*
IMG_1762.jpg
①エンボスインクでペーパーにスタンプします。
②エンボスパウダーを振りかけます。
 振りかける際、どばっ!っと出ちゃうので、使う分をエンボスパウダーのフタに入れてから振りかけます。
③ペーパーを縦にして、トントン!と、余分なパウダーを他のペーパーの上に落とします。
↑落ちてきた余分なパウダーはまた使えます!
↑ここが大事なので、スタンプした上にうまくパウダーが乗っていなかったら、①からやり直しましょう。
④ヒーターで熱を当てると、エンボスパウダーが溶け固まります。



エンボスした部分は水をはじくので、インクやミスト、パンパステルなどを乗せるとまたきれいです☆
IMG_1757.jpg
水色の部分がディストレスインク
http://www.sbshop-palette.com/?mode=srh&sort=n&cid=&keyword=Distress+Ink+
オレンジ、ピンクの部分がパンパステル
http://www.sbshop-palette.com/?mode=srh&sort=n&cid=&keyword=panpa
です。




*エンボスマーカーを使って*
P1000201のコピー
ペーパーの模様をマーカーでなぞり、エンボスしました。
その上からパンパステルで着色しています。


P100019.jpg
カードやバナーの縁をエンボスしてみました。




エンボスは必ずしもエンボスインクや、エンボスマーカーにパウダーを乗せるだけでなく、前回chikkoが紹介してくれたように、単にペーパーに振りかける手法もあります。
IMGP8246_convert_20121217161648.jpg

この場合はペーパーの下からヒーターを当ててくださいね。上から当てるとぶわ~っ!っとパウダーが舞い悲惨なことになります。(経験ありです(笑))



クリアエンボスパウダーや、エンボスマーカーなど品切れになっている商品につきましては
まもなく再販予定です。




今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ : ネットショップ・通販
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

palette

Author:palette
スクラップブッキングショップ「palette」のお店のことと、毎日のことをすこ~し。

小分け・セット商品・コラージュ系のものなど取り揃えております。初めての方でもすぐにできるキットも豊富です♪3,000円以上メール便無料!7,000円以上送料無料です☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。